暑さが近づいています。高温や乾燥に最も強い植物はどれですか?

夏がもうすぐやってきますね。暑さや乾燥に強い植物は何でしょうか?気になりませんか?今回は、その答えを探してみましょう!

Image

水銀の濃度が上昇し、夏がますます暑くなる中、アマチュアおよびプロの庭師は、暑さが増し、干ばつの厳しい期間にもかかわらず、繁栄した庭をどのように維持するかという困難な課題に直面しています。 私たちの植物 愛されし者?

幸いなことに、母なる自然は、その偉大な知恵によって、特定の種に、これらの極端な状況に直面しても並外れた回復力を与えてくれました。

記事上で、 私たちは一緒に、回復力のある緑の魅力的な世界を探索し、他の植物がたじろぐ場所で繁栄するチャンピオンの植物を発見します。

植物界の驚くべき生存者のおかげで、あなたの緑地を太陽の熱にも負けない緑豊かなオアシスに変える準備をしましょう。

一部の植物が暑さや乾燥に強いのはなぜですか?

一部の植物の乾燥と高温の条件に対する回復力は適応に依存しています 生理学的 など 構造的な 特定の。 水を節約する能力は、厚い葉、または減少した葉、ワックス組織、および土壌から水を汲み上げる深い根系によって明らかです。

光合成 C4 または カム、水の使用効率を向上させることも重要な資産です。 さらに、これらの植物は細胞を水分ストレスから保護する浸透圧保護物質を生成します。 これらのメカニズムを組み合わせることにより、過酷な環境においても優れた堅牢性が得られます。

高温に最も強い植物トップ

に適した植物 乾燥気候 容赦ない太陽の下でも成長できるメカニズムを開発しました。 中でもサボテンは、とげのおかげで水を蓄え、湿度の損失を減らす能力で際立っています。

多肉植物は肉厚の葉を持ち、水分を効果的に保持します。 ユッカは硬くて細い葉を持ち、太陽にさらされる表面積を最小限に抑えます。 リュウゼツランの葉はワックス状で、強い光を反射します。 これらすべての種は、環境への顕著な適応を示しています。 水ストレス そしてサーマル。

高温と干ばつの時期に植物の世話をするにはどうすればよいですか?

温度が上昇すると、温度を最適化することが重要になります。 植物の手入れ。 蒸発を最小限に抑えるために、早朝または夕方遅くに水を与えます。

マルチの層は土壌の水分を保持するのに役立ちます。 必ずご提供ください部分的な日陰特に最も敏感な種に対して。 追加の対策には次のようなものがあります。

  • 水の浸透を促進するために、通気性の良い土壌を維持してください。
  • 熱の吸収を減らすために、反射性または明るい色のポットを使用してください。
  • 植物をグループ化して涼しい微気候を作り出します。

栄養素を定期的に摂取することも回復力に貢献します。

植物を極度の暑さ条件に順応させるためのヒント

植物を乾燥気候に順応させるには、適切な戦略が必要です。 植物を徐々に曝露することから始めます。 ソレイユ、徐々に露出時間を増やします。 急激な蒸発を防ぐために、早朝または夕方に十分な水やりを行ってください。 有機マルチを使用して土壌の水分を保持します。

在来種や暑さに強いことで知られる品種を選びましょう。 土壌構造と保水能力を改善する堆肥などの改良材を導入します。 順応は非常に重要であり、植物が新しい条件に代謝を調整できるようにするために数週間かかります。

暖かい季節が近づくにつれ、どの植物が高温や干ばつの条件下でも耐えるだけでなく成長できるかを理解することが不可欠です。

いくつかの種、例えば、 ラバンジンカクタス、 そしてその セージ、時間をかけて開発された適応メカニズムのおかげで、これらの困難な気候に耐える能力が際立っています。 これらの植物は、湿度を保持し、乾燥した土壌をサポートし、メンテナンスをほとんど必要としないという特性を持っています。

したがって、熱波の間でも緑地を守りたいと考えている園芸家にとって、これらの強靭な品種を好むのは賢明です。

適切な選択は、一年中活気に満ちた庭園を保証するだけでなく、現在の生態学的状況における主要な問題である水資源の保全にも貢献します。

変化する気候に適合する植物を選択することで、私たちは持続可能で責任ある園芸への一歩を踏み出しています。 したがって、気温の上昇に備えて庭を準備することで、植物の生存だけでなく、灼熱の夏の太陽の下でも開花を保証します。

読む  芝生を播くのに最適な時期はどのように選ぶのか?

最新記事

以下にもご興味があるかもしれない。

これを共有する:

  • ホーム
  • ガーデン
  • 暑さが近づいています。高温や乾燥に最も強い植物はどれですか?